サンプルの分解

「Decompose」機能を使用すると、サンプルのノイズ成分と音色成分を分解し、これらの成分を新しいサンプルとして別々に保存できます。

前提

  • 分解するサンプルをスロットにロードしておきます。

  • 1 つのスロットを空にしておきます。これは、音色レイヤーとノイズレイヤー用に 2 つのスロットが必要なためです。

  • レイヤーの「Resynth」をオフにしておきます。

手順

  1. 分解するレイヤーを選択します。
  2. レイヤーをソロにします。
  3. 「Prelisten」をオンにします。

    Backbone がレイヤーの音色成分とノイズ成分を計算します。

  4. 「Solo Tonal」または「Solo Noise」をオンにして、対応する成分を再生します。
  5. 「Sensitivity」「Cutoff」「Duration」のさまざまな設定を試します。

    「Prelisten」機能をオンにすると、パラメーターを変更したときに、音色成分とノイズ成分が自動的に再計算されます。処理中は、「Prelisten」ボタンの上にインジケーターが表示されます。

  6. 必要に応じて、「Tonal Level」「Noise Level」のコントロールで各成分のレベルを調節します。
    補足

    使用したい設定が見つかったら、「Solo Tonal」/「Solo Noise」を必ずオフにしてください。そうしないと、「Apply」をクリックしたときに、対応する成分だけが保存されます。

  7. 必要に応じて、分解設定ペインを開き、作成したファイルの保存場所を指定します。
  8. 「Apply」をクリックしてサンプルを分解します。

結果

2 つの新しいサンプルが作成され、一方にはサウンドの音色成分、もう一方にはノイズ成分が含まれます。それぞれ、⁠_noise⁠⁠_tonal⁠ という拡張子付きで保存されます。スロットのオリジナルサンプルが音色サンプルで置き換えられ、ノイズサンプルが次のレイヤーにロードされます。

補足

「Decompose」を別の設定で試すなどして、同じ名前のサンプルが同じ場所にすでに存在する場合は、新しいファイル名に番号が付きます。「Decompose」 機能でサンプルファイルが上書きされることはありません。

手順終了後の項目

音色成分とノイズ成分を別々に編集したり組み合わせたりできます。