「Voice Management」セクション

「Voice Management」セクションでは、演奏できるノートの最大数をコントロールし、ノートの発音停止およびトリガーの条件を設定できます。

Voice Manager

選択したレイヤーに適用される「Voice Management」設定をコントロールします。

  • 「Off」に設定すると、レイヤーは、階層内で 1 段階上のレイヤーの「Voice Management」設定を使用します。この階層に有効な「Voice Management」設定が指定されたレイヤーがない場合、プログラムの設定が使用されます。

  • 「On」に設定すると、選択したレイヤーに個別の「Voice Management」設定を指定できます。

  • 「Program」に設定すると、上階層のレイヤーに指定されている「Voice Management」設定に関係なく、プログラムの設定が使用されます。

Voice Mode

再生時に発音を停止させるノートと、「Polyphony」設定を上回ったときに新しいノートをトリガーするかどうかを設定します。

  • 「Last Note Priority」 – 新しいノートが前に発音したノートよりも優先して発音されます。

    ノートの最大数を上回ったら、最初に発音したノートから順に発音が停止され (最初のノートを最初に停止)、新しいノートがトリガーされます。

  • 「First Note Priority」 – 古いノートが新しいノートよりも優先して発音されます。

    ノートの最大数を上回っても、前に発音したノートがホールドされていれば、発音が停止されるノートはありません。ボイスの数に余裕がある場合のみ、新しいノートがトリガーされます。

  • 「Low Note Priority」 – 低音のノートが高音のノートよりも優先して発音されます。

    ホールドされているノートよりも低音のノートを発音することによってノートの最大数を上回った場合、最も高音のノートの発音が停止され、新しいノートがトリガーされます。

    ホールドされているノートよりも高音のノートを発音することによってノートの最大数を上回っても、発音が停止されたりトリガーされたりするノートはありません。

  • 「High Note Priority」 – 高音のノートが低音のノートよりも優先して発音されます。

    ホールドされているノートよりも高音のノートを発音することによってノートの最大数を上回った場合、最も低音のノートの発音が停止され、新しいノートがトリガーされます。

    ホールドされているノートよりも低音のノートを発音することによってノートの最大数を上回っても、発音が停止されたりトリガーされたりするノートはありません。

  • 「Steal Lowest Amplitude」 – 新しいノートがボリュームの低いノートよりも優先して発音されます。

    ノートの最大数を上回ったら、最もボリュームの低いノートの発音が停止され、最も新しいノートがトリガーされます。

  • 「Steal Released Notes」 – 新しいノートがリリース部分に入ったノートよりも優先されます。

    ノートの最大数を上回ったら、リリース部分に入った最も古いノートの発音が停止され、新しいノートがトリガーされます。

    リリース部分のノートがないときにノートの最大数を上回ったら、最初に発音したノートから順に発音が停止され、新しいノートがトリガーされます。

Trigger Mode

新しいノートのトリガー動作を設定します。

  • 「Normal」は、前のノートの発音が停止したら、新しいノートをトリガーします。新しいノートのサンプルとエンベロープは最初からトリガーされます。

    中断を最小限に抑えるためには、ゾーンの「Fade Out」パラメーターを使用します。

  • 「Resume」は、常に新しいノートをトリガーするわけではありません。

    新しいノートが同じゾーン内にとどまっていた場合、エンベロープは再トリガーされますが、発音が停止したノートと同じレベルで再開されます。ゾーンのピッチは、新しいノートに設定されます。

    新しいノートが別のゾーンで発音される場合、新しいノートのサンプルとエンベロープが最初からトリガーされます。

  • 「Legato」は、常に新しいノートをトリガーするわけではありません。

    新しいノートが同じゾーン内にとどまっていた場合、エンベロープはそのまま続行されます。ゾーンのピッチは、新しいノートに設定されます。

    新しいノートが別のゾーンで発音される場合、新しいノートのサンプルとエンベロープが最初からトリガーされます。

  • 「Resume Keeps Zone」は、ノートの発音停止時に新しいノートをトリガーしません。新しいノートが別のゾーンで発音されても、エンベロープは発音が停止したノートと同じレベルで再開され、ゾーンのピッチは新しいノートに設定されます。

  • 「Legato Keeps Zone」は、ノートの発音停止時に新しいノートをトリガーしません。新しいノートが別のゾーンで発音されても、エンベロープはそのまま続行され、ゾーンのピッチは新しいノートに設定されます。

補足

「Resume」または「Legato」を選択した場合、サンプルによっては、アタックが不自然に聴こえることがあります。これを避けるには、該当するゾーンの「Voice Control」セクションにある「Glide」タブで、「Use Start Range」をオンにします。

Voice Groups

ボイスグループ (まとめて編集できるゾーンのグループ) を作成して使用できます。

「Poly」タブ

「Poly」タブには、プログラムとレイヤーのポリフォニー設定が表示されます。

Mono

モノフォニック再生を有効にします。ソロ演奏をする楽器の場合、通常、演奏がより自然に聴こえます。

「Mono」は、専用ノートオフレイヤーを使うプログラムにも使用できます。発音したノートのキーを放すと、ノートオフレイヤーがトリガーされます。

Retrigger

「Mono」モードでのみ利用できます。「Retrigger」がオンになっている場合、あるノートが別のノートによって発音を停止されたあと、新しいノートのキーを放したときに停止されたノートをまだホールドしていれば、停止していたノートが再トリガーされます。

この方法を使えば、たとえば、あるノートをホールドしたまま、別のノートを繰り返しすばやく押したり放したりすると、トリル演奏ができます。

Polyphony

ノートを発音した場合、1 個または複数のゾーンをトリガーできます。トリガーした各ゾーンは、1 つのボイスに等しくなります。各ノートでトリガーするボイスの数は、プログラムの「Voices」フィールドに表示されます。このパラメーターを使用して、ポリフォニックモードで同時に発音できるノートの数の上限を設定します。

プログラムでレイヤーよりも少ない「Polyphony」値を指定している場合、発音できるノートの最大数は、プログラムの「Polyphony」値によって制限されます。

Key Poly

あるキーについて発音できるノートの数の上限を指定できます。最後に発音されたノートが優先されます。このパラメーターが有効になるのは、「Mono」ボタンがオフの場合のみです。

補足

「Key Poly」は、「Polyphony」設定によって制限されます。

Low Amp

初期設定では、「Key Poly」の制限によってノートの発音を停止する場合、最も古いノートから削除されます。かわりに最もボリュームの低いノートから削除するには、「Low Amp」をオンにします。

Min Low Notes

「Voice Mode」設定内容に関わらず、発音を停止できない低いノートの数を設定します。

プログラムのポリフォニーが特定の「Min Low Notes」の設定に対して十分に高く、高いノートを発音できることを確認してください。

「Sus/Rel」タブ

「Sus/Rel」タブには、プログラムとレイヤーのサステインおよびリリースの設定が表示されます。

Ind Sustain

オンにすると、選択したプログラムまたはレイヤーに個別のサステイン設定を使用できます。

Sustain Mode

演奏したノートは、サステインペダルを押している間、「Key Poly」の値に達するまで HALion によって繰り返し発音されます。サステインペダルを放すと、押さえていないキーのノートは、リリース部分に入ります。選択した「Sustain Mode」に応じて、押さえたままのキーのノートは、発音を続けるか、またはリリース部分に入ります。

  • 「Hold Loudest」を選択すると、最もボリュームが大きいノートの発音を続けます。

  • 「Hold Last」を選択すると、発音した最後のノートの発音を続けます。

  • 「Hold First」を選択すると、発音した最初のノートの発音を続けます。

  • 「Hold All」を選択すると、すべてのノートの発音を続けます。

  • 「Release All」を選択すると、すべてのノートがリリース部分に入ります。

Play Release

初期設定では、発音が停止したノートのリリース部分は発音されず、ゾーンの「Fade Out」パラメーターによって指定された時間でフェードアウトします。このオプションをオンにすると、ノートが通常のリリース部分に従ってフェードアウトします。