表記規則
本書では、表記上の要素およびマークアップ要素を使用して説明しています。
最小システム要件
HALion をインストールするには、コンピューターが以下の最小システム要件を満たす必要があります。
プログラムファイルのダウンロード
必要なファイルをコンピューターにダウンロードする際は、Steinberg Download Assistant が役立ちます。
プログラムのインストール
必要なファイルをダウンロードしたら、コンピューターに HALion をインストールします。
ライセンスのアクティベート
ソフトウェアの登録
MySteinberg オンラインカスタマーポータルに製品を登録します。製品を登録すると、テクニカルサポートを利用したり、ソフトウェアの更新やアップグレードなどの限定キャンペーンを利用したりできます。
Steinberg 社の Web サイトへのアクセス方法
コントロールパネルの右上にある Steinberg ロゴをクリックすると、追加情報やヘルプを参照できるポップアップメニューが表示されます。
マニュアルについて
マニュアルはオンラインで確認できます。また、ほとんどのマニュアルは、steinberg.help から PDF 形式でダウンロードできます。
設定
ここでは、HALion をホストアプリケーションのプラグインとして使用する方法について説明します。
コントロールパネルの構成
コントロールパネルは、ビュー (ウィンドウセクション) の数を決めてから、タブを追加するなどそれらのセクションをより細かく構成することで設定できます。ビューやタブに、表示するエディターを指定できます。
ビューとタブの操作
ウィンドウの操作
フォーカスの設定
どのビュー、ウィンドウ、またはタブにフォーカスが設定されているかを知ることは重要です。キーボードショートカットなどの操作は、ウィンドウのフォーカスが設定されているセクションに適用されます。フォーカスが設定されているビューは、青色の枠で示されます。
使用可能なエディター
エディターでは、HALion およびそのプログラムとモジュールのパラメーターにアクセスできます。
ダイアルとスライダー
ダイアルおよびスライダーには、単方向性のものと双方向性のものがあります。レベル値など単方向性の値は、最小値から始まり、最大値まで上げることができます。双方向性のコントロールは中央位置から始まり、左に動かすと負の値、右に動かすと正の値になります。
複数選択とパラメーターコントロール
ボタン
値フィールド
キーボードショートカットの使用
プリセット
HALion には 2 種類のプリセット (セクション/モジュールプリセットと VST プリセット) が用意されています。セクションおよびモジュールのプリセットは、HALion パネルの特定のコンポーネントの設定を保存したりロードしたりできます。VST プリセットには、プラグインの完全な状態を復元するために必要なすべての情報が含まれています。
プラグイン機能セクション
ウィンドウの上部にあるプラグイン機能セクションでは、現在ロードされているプログラムと、プラグイン全般の両方に影響を及ぼす機能にアクセスできます。
プラグイン名と Steinberg ロゴ
ツールバー
キーボードエディター
キーボードエディターには、ホイールコントロール、スフィアコントロール、および内部キーボードが含まれます。
クイックコントロール
クイックコントロールを使用すると、プログラム内のどのパラメーターでもリモートコントロールできます。
オプションエディター
オプションエディターには、パフォーマンスの最適化、グローバル機能、および MIDI コントローラーに関するグローバル設定が含まれます。
AI ノブのサポート
HALion は、Steinberg 社の CC121、CI 2、CI2+ などにある AI ノブを使用してコントロールできます。
オートメーションパラメーター
オートメーションエディター
割り当て済みのすべてのオートメーションパラメーターがオートメーションエディターに表示されます。
オートメーションの設定
プログラム、レイヤー、マルチ、「Macro」ページ、およびプリセット
VST サウンドの登録
VST サウンドコンテナのコンテンツを使用するには、VST サウンドコンテナを MediaBay に登録する必要があります。
プログラムとレイヤーのロード
ロードダイアログ
スロットラック
スロットラックには 64 個のスロットがあり、各スロットにプログラムを割り当てることができます。つまり、64 個のプログラムを同時に編集できます。
ファイルのロードと管理
MediaBay と Browser を使用して、さまざまなファイルタイプの管理、選択、ロード、プレビューを行なえます。
General MIDI ファイルの使用
ゾーンのマッピング
マッピングエディターを使って、サンプルのマッピングを手動で編集できます。マッピング機能は、キー範囲、ルートキー、ベロシティー範囲などの情報に基づいています。
「Main」セクション
「Trigger」セクション
「Voice Management」セクション
「Voice Management」セクションでは、演奏できるノートの最大数をコントロールし、ノートの発音停止およびトリガーの条件を設定できます。
「Variation Groups」セクション
同じサンプルが繰り返しトリガーされることで発生する「マシンガン効果」を避けるには、同じキーおよびベロシティー範囲に対して複数のサンプルを使用するプログラムを作成します。そのあと、これらのサンプルを代わる代わるトリガーし、変化を付けることができます。変化を付けるためにどのサンプルをトリガーするか設定するには、サンプルをバリエーショングループに割り当てます。
「Quick Control Assignment」セクション
このセクションでは、割り当てられたクイックコントロールを管理および編集できます。
「Note Expression」セクション
ゾーンの追加
プログラムツリーでゾーンを追加できます。どのゾーンタイプを追加するかは、作成または使用するサウンドのタイプによって異なります。
ゾーンタイプ
空のゾーンにサンプルを追加
サンプルゾーン、グラニュラーゾーン、ウェーブテーブルゾーンでは、作成したゾーンにサンプル素材の割り当てが必要な場合があります。
絶対的な編集と相対的な編集
選択したゾーンまたはすべてのゾーンの編集
グローバルゾーン設定
ゾーンエディター上部のグローバルセクションでは、ゾーンの基本的なパラメーターを設定できます。
「Voice Control」セクション
「Voice Control」セクションは、サンプルゾーン、シンセゾーン、グレインゾーン、およびウェーブテーブルゾーンに同じコントロールがあり、オルガンゾーンには個別のコントロールセットがあります。
オルガンゾーンの「Voice Control」セクション
「Pitch」セクション
シンセゾーン、サンプルゾーン、グレインゾーン、およびウェーブテーブルゾーンの「Pitch」セクションでは、チューニングとピッチモジュレーションについて設定できます。
「Oscillator」セクション
「Oscillator」セクションは、シンセゾーンで使用できます。
「Sample Osc」セクション
サンプルゾーンのこのセクションにはさまざまな再生パラメーターとループパラメーターがあります。
「Organ Osc」セクション
ウェーブテーブルセクション
ゾーンエディターのウェーブテーブルセクションでは、ウェーブテーブルゾーンのオシレーターパラメーターにアクセスできます。このオシレーターは、サブオシレーターとノイズオシレーターという 2 つのウェーブテーブルオシレーターを組み合わせたもので、レベル、パン、チューニングなどの個々の設定とミックスできます。
「AudioWarp」セクション
このセクションでは、サンプルゾーンでオーディオにタイムストレッチやフォルマントシフトを適用できます。
「Filter」セクション
シンセゾーン、サンプルゾーン、グレインゾーン、およびウェーブテーブルゾーンの「Filter」セクションでは、サウンドの音色を調節できます。
「Amplifier」セクション
「Amplifier」セクションには、「Main」と「AUX」の 2 つのタブがあります。「Main」タブでは、ゾーンのレベルとパンを設定できます。「AUX」タブでは、4 つのグローバル AUX バスにゾーンを送ったり、いずれかのプラグイン出力バスにゾーンをルーティングできます。
「Envelope」セクション
「Envelope」セクションでは、ゾーンのエンベロープにアクセスできます。シンセゾーン、サンプルゾーン、グレインゾーン、ウェーブテーブルゾーンでは、「Amp」エンベロープ、「Filter」エンベロープ、「Pitch」エンベロープ、「User」エンベロープを利用できます。オルガンゾーンでは、「Amp」エンベロープを利用できます。各エンベロープは、最大 128 ノードのマルチセグメントエンベロープです。
「LFO」セクション
シンセゾーン、サンプルゾーン、グレインゾーン、およびウェーブテーブルゾーンには、2 種類のポリフォニック LFO が用意されています。
ステップモジュレーター
シンセゾーン、サンプルゾーン、グレインゾーン、ウェーブテーブルゾーンには、リズミカルなコントロールシーケンスを作成するためのポリフォニックステップモジュレーターが用意されています。
モジュレーションマトリクス
あるパラメーターを別のパラメーターでコントロールする概念をモジュレーションといいます。 HALion は、振幅やフィルターエンベロープ、あるいはピッチキーフォローなど、固定されて割り当てられた多くのモジュレーションを提供します。モジュレーションマトリクスでは、追加のモジュレーションを割り当てることができます。
サンプルエディターでのサンプルの編集
サンプルエディターでは、サンプルを表示して編集できます。HALion では、サンプルはサンプルゾーンに関連付けられます。サンプルゾーンを選択すると、該当するサンプルがサンプルエディターに表示されます。
サンプルのロードと試聴
サンプルエディターのヘッダーにあるコントロールを使用して、サンプルのロードと試聴の設定ができます。
ツールバー
ツールバーには、サンプルマーカー、ループマーカー、スライスなどを編集するためのツールが含まれています。
情報ライン
オーバービューライン
オーバービューラインでは、サンプル全体の波形を把握できます。波形ディスプレイに表示されている部分は長方形で示されます。波形ディスプレイでの現在の選択範囲は茶色で表示されます。
波形ディスプレイ
パラメーターセクション
波形ディスプレイの下にあるパラメーターセクションには、サンプルおよびサンプルゾーンのパラメーターが表示されます。
サンプルエディターのコンテキストメニュー
マーカー
マーカーを使用して、サンプル内の重要な位置やセクションを指定できます。
ズーム
外部エディターによるサンプルの編集
ループの作成
スライスの自動作成
サンプルの置き換え
ウェーブテーブルシンセシス
HALion のウェーブテーブルシンセシスには、サンプルの再合成から完全に新しいサウンドの作成まで対応できる、幅広い機能が用意されています。
ウェーブテーブルエディター
ウェーブテーブルエディターを使用すると、サンプルから波形を抽出してウェーブテーブルを作成できます。
ウェーブテーブルの作成
ピッチ検出
HALion のウェーブテーブルエディターでは、追加されたサンプルのピッチが自動的に検出されます。
マーカー
サンプルディスプレイ内のマーカーは、サンプル内のどの位置で波形を抽出するかを決めるものです。
サンプルの置き換え
ウェーブテーブルのインポート
HALion では、.wav ファイルとして保存されたウェーブテーブルをインポートできます。
ウェーブテーブルの管理
ウェーブテーブルエディターを使用すると、ウェーブテーブルを読み込んだり、保存したり、削除したりできます。
グラニュラーシンセシス
グラニュラーシンセシスを使用すると、たとえば、あらゆる種類のサンプルから魅力的なスペクトラムを抽出したり、サンプルを完全に混ぜ合わせてサウンドエフェクトを作成したり、ローファイなタイムストレッチを適用したりできます。
MIDI エディター
MIDI エディターでは、MIDI スロットパラメーターを設定できます。また、MIDI コントローラーのフィルタリングも可能です。
MIDI コントローラー
ミキシング、ルーティング、およびエフェクトの使用
ミキシングはミキサーで行ないます。
ミキサーウィンドウ
オーディオバスのアーキテクチャー
ゾーン、レイヤー、プログラム、およびスロットのオーディオ信号は、オーディオバス経由で管理します。オーディオバスには、単一のレイヤーまたはプログラム全体のオーディオを処理する場合などに Insert エフェクトをロードできます。
Insert エフェクト
プログラムテーブルを使用したプログラムのロードと管理
HALion では、事実上プログラムテーブルにロードできるプログラムの数に制限はありません。プログラムテーブルにプログラムをロードしておくと、プログラムにすばやくアクセスしたり、プログラムサンプルをプリロードしておいてすばやく切り替えたりできるため便利です。
プログラムテーブル
プログラムテーブルには、HALion にロードされているすべてのプログラムが表示されます。
プログラムテーブルの構成
コラムの表示/非表示を切り替えたり配置を変更したりしてプログラムテーブルを構成できます。
プログラムテーブルのコンテキストメニュー
プログラムツリー
プログラムツリーは、要素間の移動や選択を行なうメイン領域です。アクティブなプログラムと、そのレイヤー、ゾーン、およびモジュールのすべてが表示され、要素の追加、ロード、インポート、または削除を行なえます。
プログラムツリーの要素
プログラムツリーのコラムとコントロール
プログラム、ゾーン、およびレイヤーの編集
サンプルのインポート
インポートするサンプルを手動で選択したり、サンプルを含むフォルダー全体をインポートしたりできます。
サンプルの置き換え
サンプルのエクスポート
プログラムおよびレイヤーをサンプルと一緒にエクスポート
プログラムまたはレイヤーを、対応するサンプルと一緒に VST プリセットとしてエクスポートできます。
プログラムとレイヤーを HALion Sonic SE のレイヤープリセットとしてエクスポート
プログラムまたはレイヤーを HALion Sonic SE のレイヤープリセットとしてエクスポートすることで、これらを HALion Sonic または HALion Sonic SE で正しくロードできます。この機能を使用すると必要なすべてのリソースがプリセットに含まれているかどうかを確認できるため、VST サウンドコンテナの一部となるコンテンツを作成する場合に特に便利です。
スライスループのインポート
REX1 および REX2 フォーマットのスライスループをインポートしたり、スライスされたイベントを Cubase から直接ドラッグアンドドロップしたりできます。
プログラムツリーでの選択
プログラムツリーで要素を選択すると、そこが HALion で編集できるプログラムの部分になります。
プログラムツリー内の移動
プログラムツリーにウィンドウフォーカスが設定されている場合、矢印キーを使用して、要素間を移動できます。
プログラムツリーの要素のソート
プログラムツリーでのプログラムの設定
モジュール、レイヤー、ゾーンなどの要素を追加し、それらをプログラムツリーで体系化することで、プログラムを設定できます。
要素名の変更
サンプルレコーダー
サンプルレコーダーを使用すると、HALion でサンプリングを行なえます。たとえば、別のプラグインのサウンドをサンプリングしてキーボードにマッピングしたり、フェードや処理などを含むオーディオイベントから 1 つのサンプルを作成することで CPU 負荷を軽減したり、シーケンサープロジェクト内のイベントからサウンドをすばやく作成して HALion でさらに編集したりできます。
複数のドラムサウンドを持つオーディオトラックから録音する
Steinberg 製 DAW のトラックからオーディオを録音すると、処理やフェードなどをオーディオイベントに直接保存できます。
別のプラグインの出力を録音する
別のプラグインの出力を録音すると、別のプラグイン、ソフトウェア、またはハードウェアを使用して作成したサウンドを、元の設定のとおりに保存できます。この機能は、プラグインでプリセットを作成できない場合などに役立ちます。
スタンドアローンバージョンでサンプルを録音する
スタンドアローンバージョンの HALion で、プラグインのオーディオ入力を録音してサンプルを作成できます。
Auron
Auron シンセは、最大 8 つのグレインストリームを備えたグラニュラーシンセシスを使用して、オシレーター波形を生成します。統合されたアルペジエーターおよびステップシーケンサーを使用して、シーケンサーラインからステップコードまであらゆるサウンドを作り出せます。
Trium
Trium は、近代的で豊かなサウンドを作り出すように設計されています。3 つのオシレーター、サブオシレーター、リングモジュレーター、およびノイズジェネレーターを搭載しています。統合されたアルペジエーターおよびステップシーケンサーを使用して、シーケンサーラインからステップコードまであらゆるサウンドを作り出せます。
Voltage
Voltage は、2 つのオシレーターを搭載したノイズシンセサイザーで、シンセベースに使用できるほか、あらゆる種類のクラシックなモノフォニックおよびポリフォニックシンセサウンドを作り出せます。統合されたアルペジエーターおよびステップシーケンサーを使用して、シーケンサーラインからステップコードまであらゆるサウンドを作り出せます。
Model C
Model C は、9 本のドローバーと、パーカッション用に 3 本の追加ドローバーを備え、クラシックなトーンホイールオルガンをエミュレートします。
HALiotron
HALiotron は、デジタルサンプラーが登場する前の時代のサウンドジェネレーターをエミュレートします。
B-Box
B-Box は、HALion で使用できる本格的なドラムコンピューターです。13 のインストゥルメントレーンを備え、最大で 128 種類のサウンドを使用できます。ドラムパターンを設定したり、バリエーションを作成したり、ローパスフィルターや複数のディストーションモードを使用して各ドラムサウンドを変更したりできます。
World Instruments
World Instruments は、さまざまな民族楽器をエミュレートします。これらのインストゥルメントは手動で演奏したり、統合アルペジエーターを使用して演奏したりできます。
World Percussion
World Percussion は、さまざまな民族音楽のパーカッションインストゥルメントをエミュレートし、それに関する MIDI フレーズを提供します。
Anima
Anima シンセは、ウェーブテーブルのインストゥルメントです。統合されたウェーブテーブルエンベロープに基づいて、リアルタイムで波形をスムーズにクロスフェードする HALion のウェーブテーブルシンセシスを使用しています。このエンベロープにより、その他のモジュレーション設定が不要となるため、ウェーブテーブルの再生のコントロールが非常に簡単になります。必要なのは、「Speed」パラメーターの設定のみです。モジュレーションマトリクスにより、統合された LFO の 1 つ、ベロシティー、またはモジュレーションホイールなどを使用して、オシレーターの再生位置をコントロールできます。
Skylab
Skylab シンセは、シネマティックやアンビエントサウンドトラックの作成に最適な、幅広いサウンドを生成するインストゥルメントです。さまざまな展開パッド、サウンドスケープや、ストリングス、バス、合唱などの一般的なオーケストラサウンドを提供する大量のマルチサンプルが含まれており、非常に多くの壮大なサウンドを生成できます。さらに、オーケストラパーカッションと太鼓のパーカッシブサンプルのセットが用意されており、統合されたアルペジエーターと併せて使用してリズミカルなパターンを作るといったことができます。
Raven
Raven は、6 つのベロシティーレイヤーと調節可能なサステインレゾナンスを備えており、クラシックなイタリアのコンサート用グランドピアノのサウンドを生成します。「Tone」コントロールで、非常にソフトでロマンティックな音色から力強い音色まで、幅広い調節を行なえます。さらに、専用のノートオフレイヤーを追加して、ノートオフ動作の特性を変更できます。
Eagle
Eagle は、12 のベロシティーレイヤーと調節可能なサステインレゾナンスを備えており、クラシックなドイツのコンサート用グランドピアノのサウンドを生成します。「Tone」コントロールで、非常にソフトでロマンティックな音色から力強い音色まで、幅広い調節を行なえます。さらに、専用のノートオフレイヤーを追加して、ノートオフ動作の特性を変更できます。
Hot Brass
Hot Brass は、ロック、ソウル、ファンクなど、シャープでアクセントが効いたブラス音色を必要とするさまざまな音楽スタイルに適した、幅広いブラスサウンドとアーティキュレーションを提供します。Hot Brass は、特に簡潔なリックやリフの演奏に適しています。
Studio Strings
Studio Strings は、ソロストリング、スモールチェンバー、フルオーケストラセクションなど、幅広いストリングスサウンドやアーティキュレーションを生成します。
パラメーターリスト
パラメーターリストには、プログラムツリーで選択した要素のパラメーターの詳細が表示されます。
「Macro」ページ
HALion では、サンプルやシンセサイザーのインストゥルメントを独自に構築し、統合された LUA スクリプトエンジンを使用してカスタマイズできます。Macro Page Designer では、これらのインストゥルメント用に独自のユーザーインターフェースを作成できます。
「Macro」ページ、テンプレート、コントロール、リソース、ライブラリー
「Macro」ページの全般的な概念は、テンプレート、コントロール、リソース、ライブラリーを区別することです。
はじめる前に
独自の「Macro」ページを構築するには、段階を追って手順を試し、システムに慣れていくのが最善の方法です。
Macro Page Designer
Macro Page Designer では、「Macro」ページ作成および編集を行なえます。
要素の編集と配置
「Macro」ページでは、キャンバス上に特定の順序で配置したり、特定の色やサイズにしたりする必要がある要素を多数使用します。要素のキャンバスへの追加、編集、拡大/縮小、配置はさまざまな方法で行なえます。
ライブラリー
ライブラリーは、実用的なユーザーインターフェースが含まれていない点以外は「Macro」ページと同じです。ライブラリーにはテンプレートとそのリソースに加え、「Macro」ページのさらに便利なコンテンツが含まれています。
「Macro」ページのコントロールを HALion のパラメーターに関連付ける
「Macro」ページのコントロールを使用できるようにするには、HALion のパラメーターにコントロールを関連付ける必要があります。
「Macro」ページでの共同作業
「Macro」ページを他のユーザーと共同で編集するには、追加するコンテンツと必要なコンテンツをすべて交換する必要があります。
「Macro」ページのクリーンアップと統合
「Macro」ページを確定する前に、使用されていないファイルを削除したり、「Macro」ページで使用されているリソースファイルの名前や位置を統合したりできます。 HALion には、「Macro」ページのコンテンツをクリーンアップするためのツールがいくつか用意されています。
「Macro」ページの保存
Library Creator
HALionの Library Creator を使うと、自分自身のインストゥルメントライブラリーを作成できます。インストゥルメントライブラリーは VST サウンドコンテナファイルとして作られ、プリセット、サンプル、「Macro」ページ、MIDI モジュール、スクリプト、およびサブプリセットなどの必要なコンポーネントをすべて含んでいます。
ライブラリー
HALion では、MediaBay がプリセットを管理し、プリセットに関する情報はすべて MediaBay に保存されます。プリセットの特性、属する楽器カテゴリー、プリセットの作成者など、さまざまな属性をタグ付けすることで MediaBay に情報が追加されます。情報を追加するためのタグの 1 つとして「Library Name」があります。
「Library Creator」エディター
Library Creator は HALion のエディターとして利用できます。また、「Advanced」 スクリーンセットなどの一部でもあります。
割り当てられていない VST サウンドコンテナ
ライブラリーに追加するプリセットに使用するサンプルが他の VST サウンドコンテナを参照する場合、このコンテナは必要な VST サウンドコンテナとして「Unassigned」セクションの「VST Sound」リストに追加されます。外部コンテンツを参照させたくない場合は、この機能を使用してライブラリーの構造を変更できます。
整合性チェック
Library Creator では、不完全なライブラリーや機能しないライブラリーが生成されないようにするため、ライブラリー構築時に複数の自動チェックを行ないます。VST サウンドコンテナにプリセットが追加されると、最初のステップとして、すべてのプリセットをチェックします。何らかの問題が発見された場合は、対応するプリセットの「Issue」コラムに赤い警告サインが表示され、割り当てられていないサンプル/VST サウンドコンテナのリストにグローバル警告サインが表示されます。ただし、問題が存在しても、Library Creator による VST サウンドコンテナの構築は行なわれます。Steinberg は、発見された問題をライブラリーのリリースまでに修正する予定です。
Library Manager
HALionの Library Manager では、HALion 6 以降で作成されたライブラリーを登録および管理できます。また、それ以前のバージョンで作成され、古いインストーラーでインストールされたライブラリーもすべて表示されます。
「Library Manager」エディター
すべてのライブラリーは、Library Manager の「Managed」または「Installed」タブに表示されます。それぞれのライブラリーには、アイコン、名前、メーカー名、および合計ファイルサイズが表示されます。
MIDI モジュールのリファレンス
HALion の MIDI モジュールは、標準的なアルペジエーターモジュールから、特定用途向けの専用モジュールまで多岐にわたります。専用モジュールでは、特定イベントのトリガーや特定モジュレーション信号の生成を行ないます。
共通の機能
一部の機能と設定は、複数の MIDI モジュールで使用できます。以下のセクションでは、これらについて説明します。
FlexPhraser
FlexPhraser はアルペジオとフレーズのプレーヤーです。
Trigger Pads
トリガーパッドを使用して、1 つのノートまたはコード全体をトリガーしたり、FlexPhraser バリエーションを切り替えたりすることができます。
MIDI Player
MIDI Player では、最大 8 つの異なる MIDI ファイルを読み込めます。たとえば、MIDI ファイルの異なるバリエーションをロードし、パフォーマンスパラメーターを使用してこれらのバリエーションに変化を加えることができます。
Drum Player
Drum Player モジュールでは、クラシックなドラムビートプログラミングを行なえます。最大 16 トラックで最大 64 のステップを演奏できます。各トラックで異なるサウンドを演奏できます。
Mono Envelope
この MIDI モジュールは、モノフォニックのマルチセグメントエンベロープをトリガーします。これは、ゾーンのモジュレーションマトリクスでモジュレーションソースとして使用できます。
Mono LFO
モノフォニック LFO を MIDI モジュールとしてプログラムに追加できます。LFO モジュールをプログラム全体に使うことも、特定のレイヤーに使うこともできます。
Mono Step Modulator
ステップモジュレーターを MIDI モジュールとしてプログラムに追加し、それをモジュレーションソースとしてゾーンのモジュレーションマトリクスで使用できます。
True Pedaling
この MIDI モジュールは、サステインペダルからモジュレーション信号を生成します。これを使用して、グランドピアノのリアルなペダリングをシミュレートできます。このモジュールでは、2 つのレイヤーを切り替えるかわりに、サステインペダルを押したり放したりするときにレイヤー間をクロスフェードできるため、よりリアルなサウンドを生成できます。
MegaTrig
MegaTrig モジュールを使用すると、再生スタイルやアーティキュレーションをコントロールしたり、リリースサンプルやインストゥルメントノイズをトリガーしたりできます。
Layer Alternate
異なるレイヤー間を自動的に切り替えるには、このモジュールを使用します。たとえば、弦楽器の上げ弓と下げ弓や、ドラムストロークの右手と左手を切り替える場合に役立ちます。
Key Switch Alternate
このモジュールを使用すると、MegaTrig キースイッチを使用しているレイヤー間を自動的に切り替えることができます。
Key Switch Remote
Key Switch Remote モジュールでは、親レイヤーで使用されているキースイッチをリモートコントロールできます。
MIDI Randomizer
MIDI Randomizer モジュールでは、ノートをランダムにトリガーできます。
CC Mapper
この MIDI モジュールを使用すると、MIDI コントローラーを、レイヤーやゾーンに渡す前に他の MIDI コントローラーにマッピングできます。また、カーブを使用して入力値を変換することもできます。
Velocity Curve
Velocity Curve モジュールでは、調整可能なカーブを使用して、入力ベロシティー値を別の出力値にマッピングできます。
Tuning Scale
この MIDI モジュールを使用すると、カスタムチューニングスケールを作成したり、チューニングスケールプリセットを適用したりできます。
Lua Script
Lua Script モジュールを使用すると、独自のスクリプトを作成して管理できます。
キーボードショートカットのリファレンス
以下に、初期設定のキーボードショートカットをカテゴリー別に示します。
環境設定
スタンドアローンバージョンの HALion は、「Plug-In Preferences」ダイアログでさまざまな設定を行なえます。
「Plug-In Preferences」ダイアログ
「Plug-In Preferences」ダイアログには複数のページがあり、以下の設定を行なえます。
MIDI 入力とオーディオ出力の選択
スクラッチパッド
スクラッチパッドを使うと、スタンダード MIDI ファイル形式の MIDI ファイルを録音/再生できます。既存の MIDI ファイルをロードしたり、独自のファイルを録音して保存したりできます。
MIDI ファイルのロード
スタンダード MIDI ファイル形式 (ファイル拡張子 .mid) の MIDI をロードできます。
MIDI ファイルの保存
マスターボリューム