表記規則
本書では、表記上およびマークアップの要素を使用して説明しています。
マニュアルについて
マニュアルはオンラインで確認でき、steinberg.help から PDF 形式でダウンロードできます。
ダイアルとスライダー
ダイアルおよびスライダーには、単方向性のものと双方向性のものがあります。レベル値など単方向性の値は、最小値から始まり、最大値まで上げることができます。双方向性のコントロールは中央位置から始まり、左に動かすと負の値、右に動かすと正の値になります。
複数選択とパラメーターコントロール
ボタン
値フィールド
キーボードショートカットの使用
プリセット
Groove Agent SE には 2 種類のプリセット (セクション/モジュールプリセットと VST プリセット) が用意されています。セクションおよびモジュールのプリセットは、Groove Agent SE パネルにある特定のコンポーネントの設定を保存したりロードしたりできます。VST プリセットには、プラグインの完全な状態を復元するために必要なすべての情報が含まれています。
概要
ここでは、Groove Agent SE の概要と、プログラムの機能および設定について説明します。
ウィンドウについて
Groove Agent SE ウィンドウはいくつかの主要なセクションに分かれています。
エージェント、キット、プリセット、およびコンテンツファイル
Groove Agent SE には、ロードして編集できるさまざまなコンテンツが含まれています。まず、キットまたはマルチをロードできます。さらに、MIDI パターン、スタイル、ドラムサンプルなどをロードして編集できます。
キットのロード
サウンドを聴くには、Groove Agent SE にキットをロードする必要があります。
パターンパッドおよびインストゥルメントパッド
Groove Agent SE では、ドラムトラックで使用されるサウンドとパターンの両方を編集できます。インストゥルメントサウンドは、インストゥルメントパッドから再生できます。再生されるパターンまたはスタイルを、パターンパッドで編集できます。
MIDI パターンおよびスタイルの参照
「Load」パネルを使用すると、パターンおよびスタイルを参照してパターンパッドに割り当てることができます。
パターンパッドの再生
パターンパッドは、MIDI プレーヤーまたはスタイルプレーヤーを使用して再生できます。MIDI プレーヤーでは、1 つのパターンを再生および編集できます。スタイルプレーヤーにはさまざまなパターンがあり、ドラムトラックのさまざまなセクションを作るのに適しています。
MIDI パターンへのスタイルの変換
パッドに使用したいアコースティックスタイルまたはパーカッションスタイルがあり、それをパターンエディターでさらに編集する場合、そのスタイルをまず MIDI パターンに変換する必要があります。
ドラムトラックのさまざまなセクションの作成
現在のスタイルを別のパッドにコピーすると、イントロ、フィル、メインパート、エンディングなど、ドラムトラックのさまざまなセクションを簡単に作れます。そのあと、それらのパッドのスタイルを編集します。
パターンのトリガーノートの録音
DAW のプロジェクトで Groove Agent SE を使用している場合、パターンをトリガーしたい位置にトリガーノートを録音できます。これによって、プロジェクトのドラムを、プロジェクトウィンドウから移動せずに作成できます。
プロジェクトへのパターンのドラッグ
Groove Agent SE から DAW のプロジェクトへパターンをドラッグして、DAW 内で編集できます。
DAW でのパターンの編集
Groove Agent SE パターンの MIDI パートを作成したあと、DAW で追加の編集を行なえます。
サウンドの管理
ここでは、Groove Agent SE でさまざまな種類のサウンドファイルをロード、保存、および管理する方法について説明します。
キットのロード
Groove Agent SE でサウンドを生成するには、キットをロードする必要があります。
キットスロット
キットスロットにはロードしたキットの名前が表示され、別のキットをロードしたり、キットのポリフォニーの指定などの基本設定を行なったりできます。
キットラック
キットスロットセクションの右側にあるキットラックには、ロードしたキットとそれらのエージェントが表示されます。また、コンテキストメニューから編集を行なえます。
キットコンテキストメニュー
ファイルのロードと管理
「Load」パネルでは、さまざまな形式のファイルを管理、検索、ロード、および試聴できます。
パッドの使用
Groove Agent SE には、インストゥルメントパッドとパターンパッドという 2つの異なるタイプのパッドがあります。インストゥルメントパッドはサンプルをトリガーするために使用されます。パターンパッドでは MIDI ドラムパターンやスタイルをトリガーします。
パッドセクション
パッドセクションは、プラグインウィンドウの左側にあります。パッドセクションにはトランスポートコントロール、グループボタン、およびパッドが含まれます。
パッド名の変更
サンプルや MIDI ファイルの名前が長すぎる場合やわかりにくい場合に、パッド名を変更すると便利です。また、パッドに複数のサンプルが割り当てられていることがわかるような名前を付けることもできます。
インストゥルメントパッドとパターンパッドに異なる MIDI チャンネル/ポートを使用する
初期設定では、インストゥルメントパッドとパターンパッドは同じ MIDI ポートを共有します。インストゥルメントパッドとパターンパッドの両方が割り当てられ、それらが同じトリガーノートを共有している場合、常にパターンパッドが優先されます。そのため、パターンパッドと同じトリガーノートを使用するインストゥルメントパッドは同じ MIDI ポートから再生できません。この場合、パターンパッドに別の MIDI ポートを設定するか、別の MIDI チャンネルを設定するかの 2 つの方法があります。
インストゥルメントパッド
インストゥルメントパッドはサンプルをトリガーするために使用されます。
パターンパッド
パターンパッドでは MIDI ドラムパターンやスタイルをトリガーします。
Beat Agent SE
Beat Agent SE は、あらゆる電子音楽やアーバンミュージックに最高のビートを作るためのツールやサウンドを完備したビートプロダクションインストゥルメントです。
Beat Agent SE のサウンドの編集
インストゥルメントパッドの「Edit」ページでは、キットのサウンドを設定します。
ファイルのインポートとエクスポート
Acoustic Agent SE
Acoustic Agent SE は次世代のバーチャルアコースティックドラマーであり、最上級のドラムサウンドと、曲と完璧にマッチした伴奏を行なえる統合プレーヤーを提供します。
Acoustic Agent SE のサウンドの編集
インストゥルメントパッドの「Edit」ページでは、キットのサウンドを設定します。
ミキシングとエフェクトの使用
ミキシングは、「Mixer」ページで行ないます。
Beat Agent SE ミキサー
Beat Agent SE の「Agent」ミキサーには、16 個のバスがあります。
Acoustic Agent SE ミキサー
Acoustic Agent SE キットの「Agent」ミキサーを使用すると、これらのキットをミキシングできます。コンテンツセットごとにドラムインストゥルメントのセットが異なるため、ミキサー内で使用できるチャンネルストリップはキットによって変わります。
「AUX」ミキサー
「AUX」ミキサーは Send エフェクトに使用できる 4 つの AUX バスを備えています。
「Kits」ミキサー
「Master」ミキサー
「Master」ミキサーには、マスターステレオ出力バスのチャンネルが表示されます。最大 4 つの Insert エフェクトを使用でき、たとえば、シグナルチェーンにグローバル EQ やコンプレッサーをかけられます。
エフェクトの使用
オートメーション
キットパラメーターであってもグローバルパラメーター (AUX エフェクトなど) であっても、Groove Agent SE のほとんどのパラメーターは、ホストアプリケーションでオートメーションできます。
MIDI コントローラー
Groove Agent SE のパラメーターを MIDI コントローラーに割り当てることができます。
プラグイン機能セクション
プラグイン名と Steinberg ロゴ
ツールバー
キーボード
キーボードを使用すると、MIDI ノートのマッピングを一目で確認でき、また MIDI ノートのトリガーも簡単です。
「Options」ページ
ミキサーのルーティングダイアグラム