「Phrase」ページ

「Phrase」ページでは、初期段階から搭載されているフレーズを読み込んで使用できます。

Mute

再生をミュートします。ただし、フレーズはバックグラウンドで再生されています。「Mute」をオフにすると、すぐに再生が再開します。

Trigger Mode

キーボードで演奏する新しいノートを、アルペジエーターがスキャンするタイミングを設定します。

  • 「Immediately」を選択した場合、アルペジエーターは新しいノートをスキャンし続けます。フレーズは演奏に応じてすぐに変化します。

  • 「Next Beat」を選択した場合、アルペジエーターは次の拍子に合わせて新しいノートをスキャンします。フレーズは演奏に応じて拍ごとに変化します。

  • 「Next Measure」を選択した場合、アルペジエーターは次の小節の始まりに合わせて新しいノートをスキャンします。フレーズは演奏に応じて小節ごとに変化します。

Restart Mode
  • 「Off」に設定した場合、フレーズは連続して再生され、コードやノートに変更があっても再開しません。

  • 「New Chord」に設定した場合、新しいコードでフレーズが再開されます。

    補足

    レガート演奏されるノートではフレーズは再開されません。

  • 「New Note」に設定した場合、新しいノートを発音するたびにフレーズが再開されます。

  • 「Sync to Host」に設定した場合、トランスポートを開始するたびに、フレーズはホストアプリケーションの拍子や小節に合わせて調整されます。

RstVar (バリエーション変更で再トリガー)

このオプションは新しいコードおよび新しいノートに使用できます。このボタンをオンにすると、バリエーションが変更された場合、新しいノートまたはコードがトリガーされなくてもアルペジエーターが再トリガーされます。

Key Mode

キーボードで演奏したノートの並びがフレーズの再生に影響するかどうか、またどのように影響するかを決定します。

  • 「Sort」を選択した場合、ノートはキーボードで演奏した順序に関わらず、選択したフレーズの順序で発音されます。

  • 「As Played」を選択した場合、ノートはキーボードで演奏したとおりの順序で発音されます。

  • 「Direct」を選択した場合、フレーズがノートのかわりにコントローラーイベントを作成します。発音するノートに、ピッチベンド、ボリューム、パンなどが反映されます。

    補足

    ただし、コントローラーデータを含んでいないフレーズもあります。

Vel Mode
  • 「Original」を選択した場合、フレーズのノートはフレーズに保存されているベロシティーで発音されます。

  • 「Vel Controller」を選択した場合、ノートのベロシティーの生成または変調を行なうベロシティーコントローラーを選択できます。

  • 「Original + Vel Controller」を選択した場合、フレーズのベロシティーは、フレーズに保存されているベロシティーとベロシティーコントローラーから派生したベロシティーの組み合わせで決まります。

Vel Controller

「Vel Mode」ポップアップメニューで「Vel Controller」または「Original + Vel Ctrl.」を選択した場合、「Vel Controller」ポップアップメニューが使用できます。このポップアップメニューでは、入力されたコントローラー値を使用してノートのベロシティーを生成または変調できます。

  • 「Velocity」を選択した場合、トリガーされたノートは演奏したノートからベロシティーを継承します。

  • 「Aftertouch」を選択した場合、トリガーされたノートはアフタータッチコントローラーからベロシティーを受け取ります。

  • 「Poly Pressure」を選択した場合、トリガーされたノートはポリプレッシャーコントローラーからベロシティーを受け取ります。この場合、ベロシティーをキーごとにコントロールできます。

  • 「MIDI Controller」を選択すると、サブメニューが開き、MIDI コントローラーを選択できます。

    この MIDI コントローラーの値が、トリガーされたノートのベロシティーとして使用されます。

Fetch

「Vel Controller」ポップアップメニューで「Aftertouch」「Poly Pressure」、または MIDI コントローラーを選択した場合、「Fetch」オプションを使用してノートの生成方法を変更できます。

  • 「Fetch」をオンにすると、最初に発音するノートによって初期ベロシティーが設定されます。コントローラー値がこのベロシティーを超えると、それ以降の新しいノートはコントローラーからベロシティーを受け取ります。

  • 「Fetch」をオフにすると、生成されたノートは現在のコントローラー値からベロシティーを受け取ります。

補足

「Vel Controller」ポップアップメニューで「Velocity」を選択した場合、「Fetch」は使用できません。

Hold

キーを放したときにフレーズが停止したり変化したりするのを防止できます。

  • 「Off」を選択した場合、キーを放すと、フレーズはすぐに変化します。すべてのキーを放すと、フレーズはすぐに停止します。

  • 「On」を選択した場合、キーを放しても、フレーズは最後まで再生されます。「Loop」がオンになっていると、フレーズは連続再生されます。

  • 「Gated」を選択した場合、最初のキーが発音されると、フレーズは再生を開始します。キーを放してもバックグラウンドでは無音で再生が続き、もう一度キーを押すとその位置で再生が再開します。このようにして、フレーズの再生を制御できます。

Wrap

「Step」および「Chord」を除くすべてのモードでは、このパラメーターを使用して、指定した数のステップ後にアルペジオ再生を再開できます。

補足

無効なステップは反映されません。

「Step」および「Chord」モードでは、このパラメーターは「Octaves」の設定にのみ影響します。

「Octaves」パラメーターがオンの場合、アルペジオがオクターブを横断して、指定した数のステップ後に元のオクターブから再生されます。

Key Replace

このパラメーターでは、「Key Select」機能を無効にしたり、不足のキーを置き換える方法を指定したりできます。

たとえば、「Key Select」を「1 - 2 - 3 - 4」に設定して 3 つのノートのコードを再生すると、キー 4 が不足と見なされます。

  • 「Off」に設定すると、「Key Replace」および「Key Select」がオフになります。選択したアルペジオが変更なしに再生されます。

  • 「Arp」に設定すると、不足キーは、アルペジオが通常どおりに演奏されるノートと置き換えられます。

  • 「Rest」に設定すると、不足キーは置き換えられません。アルペジオにはかわりに休符が挿入されます。

  • 「1st」に設定すると、不足キーは、ノートバッファーの最初のノートと置き換えられます。

  • 「Last」に設定すると、不足キーは、ノートバッファーの最後のノートと置き換えられます。

  • 「All」に設定すると、不足キーは、ノートバッファーのすべてのノートと置き換えられます。ノートはコードとして再生されます。

補足

「Key Replace」は、個々のバリエーションごとに設定できます。

Sync

フレーズがホストアプリケーションのテンポに同期します。

補足

さらに、「Restart Mode」「Sync to Host」に設定できます。これは、ホストアプリケーションの拍子や小節に合わせてフレーズを再生します。

Loop

フレーズをループ再生できます。

Tempo Scale

トリガーするノートの長さによってフレーズが再生される速さを設定します。「Tempo」パラメーターに加えて、速さをさらに詳細に設定できます。拍子の分数で値を指定できます。付点音符や 3 連音符の値も設定できます。

たとえば、「Tempo Scale」の設定を 1/16 から 1/8 に変更した場合、再生される速さは半分になります。1/32 に設定すると、速さは倍になります。

Groove Quantize

フレーズのタイミングを外部 MIDI ファイルに合わせて調整するには、その MIDI ファイルを「Groove Quantize」ドロップフィールドにドラッグアンドドロップします。

ドロップフィールドの右にある「Groove Quantize Depth」パラメーターによって、フレーズをどの程度正確に MIDI ファイルに従わせるかを設定できます。

Drag MIDI Phrase to Host Sequencer

録音した MIDI フレーズをホストシーケンサーにドラッグアンドドロップできます。

Swing

偶数拍 (裏拍) のノートのタイミングを移動して⁠スイング感⁠を出します。負の値の場合、ノートは早めに発音されます。正の値の場合、ノートは遅れて発音されます。

Gate Scale

フレーズのノートの長さを変更します。100% に設定すると、ノートは元のゲートタイムで発音されます。

Vel Scale

フレーズのノートオンベロシティーを変更します。100% に設定すると、ノートは元のベロシティーで発音されます。

Octaves

フレーズの再生時の音階に別のオクターブを含めます。正の設定ではオクターブ単位で高くなり、負の設定では低くなります。たとえば、+1 に設定すると、最初に元のピッチでフレーズが再生されます。次に、そのフレーズが 1 オクターブ高く再生されます。

Key Range

「Low Key」および「High Key」パラメーターでは、フレーズ再生のトリガーに使用されるキーの範囲を設定します。

Velocity Range

「Low Vel」および「High Vel」パラメーターでは、フレーズ再生のトリガーに使用されるベロシティーの範囲を設定します。