キューの入力

キューのポップオーバーを使用してキューを入力できます。

手順

  1. キューを入力する譜表で、キューを表示するデュレーションにまたがるアイテムを選択します。
    補足

    同じ位置に複数のキューを入力することはできません。既存のキューと同じ位置にキューを入力すると、既存のキューは新しいキューで置き換えられます。ただし、別の位置にキューを入力したあと、キュー同士が重なるように移動したり長さを変更したりすることはできます。

  2. [Shift]+[U] を押してキューのポップオーバーを開きます。
  3. キューに楽譜を表示するインストゥルメントの名前を入力しはじめます。

    ポップオーバーの下にインストゥルメントの候補メニューが現れ、選択できる元インストゥルメントが表示されます。これには、セクションプレーヤーのディヴィジョンや大譜表を用いる楽器の個々の譜表、追加の譜表、オッシア譜表などが含まれます。

  4. インストゥルメントの候補メニューから、キューに楽譜を表示するインストゥルメント/譜表を選択します。
    補足
    • プロジェクトに存在するインストゥルメントの名前を入力しなければ、キューは作成されません。

    • インストゥルメントの正式名称を自分でポップオーバーに入力した場合、そのインストゥルメントを使用するキューを入力するには [Return] を 2 回押す必要があります。

    • 同じタイプのインストゥルメントがプロジェクトに複数ある場合、番号を指定しなければ最初のプレーヤーの楽譜がキューとして入力されます。たとえば、プロジェクトに Violin I と Violin II があり、キューのポップオーバーに「violin」と入力すると、キューには Violin I の譜表の楽譜が表示されます。

結果

選択した譜表にキューが入力され、そこにキューのポップオーバーで選択したインストゥルメント/譜表の楽譜が表示されます。

ページビューでフルスコアレイアウトにキューを入力すると、初期設定では、元インストゥルメントの名前を表示するガイドとしてキューが表示されます。これは、フルスコアレイアウトではキューを表示せず、パートレイアウトでは表示するようにデフォルトで設定されているためですが、キューの表示/非表示はレイアウトごとに選択できます。