メインコンテンツにジャンプ
新機能
以下のリストには、新機能についての説明と対応する項目へのリンクがあります。
表記規則
本書では、表記上およびマークアップの要素を使用して説明しています。
マニュアルについて
マニュアルはオンラインで確認でき、steinberg.help から PDF 形式でダウンロードできます。
Steinberg 社の Web サイトへのアクセス方法
コントロールパネルの右上にある Steinberg ロゴをクリックすると、追加情報やヘルプを参照できるポップアップメニューが表示されます。
ウィンドウについて
Backbone のウィンドウはサイズを自由に変更できます。このウィンドウはいくつかのセクションに分かれています。
プログラム、レイヤー、サンプル
Backbone では、プログラム、レイヤー、サンプルをロードしたり保存したりできます。
プラグイン機能セクション
「Input」セクション
「Input」セクションでは、MIDI 入力とトリガーされるノートをすばやく確認できます。
「Output」セクション
このセクションには、出力レベル、内部グローバルリミッターのバイパス機能、サンプルのエクスポートコントロールとエクスポート設定などの出力設定があります。
「Options」ページ
「Options」ページには、グローバルオプション、オートメーションエディター、MIDI コントローラーエディターがあります。
「Decompose」機能を使用すると、サンプルをノイズ成分と音色成分に分解できます。
「Decompose」セクション
ウィンドウ上部の「Decompose」セクションには、「Decompose」機能のコントロールと設定があります。
サンプルの分解
「Decompose」機能を使用すると、サンプルのノイズ成分と音色成分を分解し、これらの成分を新しいサンプルとして別々に保存できます。
別々のサンプルのノイズ成分と音色成分を組み合わせる
音色成分とノイズ成分に分解したら、それらの成分は別々に使用できます。これにより、音色サンプルにさまざまなノイズ成分を組み合わせてみたり、サンプルの成分を別々に編集してから再度組み合わせたりできます。この方法で、サンプルからまったく新しいサウンドを作り出すこともできます。
サンプル内の音色成分とノイズ成分の配分の変更
「Decompose」機能を使用すると、サンプル内のノイズ成分と音色成分を別々にミックスできます。これは、たとえばスネアドラムのスナッピーのレベルを変更するのに使用できます。
Backbone のサウンドは、最大 8 つのレイヤーで構成されます。各レイヤーは、たとえばドラムサウンドの音色成分とノイズ成分など、サウンドの特有のディテールを形作ります。各レイヤーのサウンドは、編集セクションで調節や変更を広範囲に行なえます。
「Layers」セクション
左側の「Layers」セクションには、サンプルまたはレイヤープリセットをロードできる 8 つのスロットがあります。
「Main」タブ
「Main」タブには、プログラムとレイヤーの追加設定が用意されています。
編集セクション
編集セクションでは、レイヤーを編集できます。
サンプルのエクスポート
サンプルをエクスポートすることで、たとえば、サンプルにエフェクトをレンダリングして処理能力を節約したり、レンダリングしたサンプルにさらに編集やエフェクトを適用したりできます。
ロードパネルを使用してファイルを管理できます。
ロードパネル
ロードパネルでは、さまざまな形式のファイルを管理、検索、ロード、および試聴できます。
ロードパネルの「Programs」タブと「Layers」タブを使用したファイル管理
「Programs」タブと「Layers」タブでは、利用できるプログラムとレイヤーにアクセスできます。これらは Steinberg の MediaBay テクノロジーがベースとなっており、結果をフィルタリングして特定のファイルをすばやく見つけることができます。
ロードパネルの「Browser」タブを使用したファイル管理
「Browser」では、システム上の特定のディレクトリーに移動して、そこからファイルをロードできます。
プログラムの保存とエクスポート
MediaBay は、コンテンツを管理したり、探しているファイルをすばやく見つけたり、ファイルの属性を指定したりするための Steinberg 製データベースです。
「Effects」セクションで、エフェクトのロードや編集、エフェクトルーティングの設定などを行なえます。
「Effects」セクション
「Effects」セクションでは、2 つのエフェクトバスにエフェクトを追加して設定したり、エフェクトルーティングを指定したりできます。
エフェクトのロード
ルーティングセクションのエフェクトスロットまたはエフェクトエディターにエフェクトをロードできます。
エフェクトのバイパス
エフェクトを適用したサウンドと適用していないサウンドを比較するために、エフェクトをバイパスできます。
エフェクトの削除
ルーティングセクションまたはエフェクトエディターのエフェクトを削除できます。
Backbone には、多くの高品質なスタジオエフェクトが付属しています。
EQ/Filter エフェクト
「EQ/Filter」サブメニューには、イコライザーとフィルターエフェクトが含まれています。
Dynamics エフェクト
「Dynamics」サブメニューには、コンプレッサーエフェクトとリミッターエフェクトが含まれています。
Distortion エフェクト
「Distortion」サブメニューには、ディストーションエフェクトが含まれています。
Modulation エフェクト
「Modulation」サブメニューには、「Chorus」や「Flanger」などのモジュレーションエフェクトが含まれています。
Pan エフェクト
「Pan」サブメニューには、パノラマエフェクトである Stereo Pan が含まれています。
Time エフェクト
「Time」サブメニューには、ディレイエフェクトとリバーブエフェクトが含まれています。
レイヤーのパラメーターであってもグローバルエフェクトのパラメーターであっても、Backbone のほとんどのパラメーターは、ホストアプリケーションでオートメーションできます。
オートメーションエディター
オートメーションエディターには、割り当てられたすべてのオートメーションパラメーターが表示されます。
オートメーションの設定
Backbone のパラメーターをオートメーションパラメーターに割り当てることができます。また、複数のパラメーターを同じオートメーションパラメーターに割り当てて、同時にコントロールすることもできます。
Backbone では、ほとんどすべてのパラメーターを MIDI コントローラーに割り当てることができます。
MIDI コントローラーエディター
MIDI コントローラーエディターには、割り当てられたすべての MIDI コントローラーが表示されます。
MIDI コントローラーの割り当て